2017年9月25日月曜日

国宝仏の誕生に想う

                                                調布狛江地区 林田堯瞬

 去る3月10日、調布狛江地区のシンボルともいえる古刹深大寺に所蔵される「銅造釈迦如来倚像(通称:白鳳仏)」が、国宝に指定されました。


 7世紀後半の飛鳥時代後期(美術史上の区分では白鳳時代)の制作であると推定され、少年を思わせる明るい表情と、衣が流れるように美しく表現されたその作風から、法隆寺の国宝夢違観音や、盗難で現在行方の知れない新薬師寺の重要文化財香薬師と同じ工房で鋳造された可能性が高く、この三仏は白鳳時代を代表する名品とされ「白鳳三仏」と称されております。  東京都内には2,868の寺院があり、寺院に伝来する仏像としては、初めての国宝仏の誕生となりました(寺院以外では港区大倉集古館所蔵の木造普賢菩薩騎象像が国宝指定)。また、関東においても、寺院伝来の国宝仏は鎌倉の大仏様に次いで2例目の指定となり、制作年代でいえば東日本最古の国宝仏となります。
この慶事に、市を挙げて慶祝ムードに包まれ、駅前や商店街にはお祝いのフラッグが掲げられております。

 
   深大寺の白鳳仏の最大の特徴は、椅子に腰を掛けた「倚座(いざ)」の大変珍しいお姿であり、お釈迦様が説法をしている姿ともいわれております。
 お釈迦様の法門(教え)は8万4千ともいわれ、その人個々の器に応じた数だけの教えがあります。仏と人間の違いは、よく水と氷に喩えられ、器の形に応じて変幻自在に姿を変え、隙間なく水を満たすのが仏。自我という氷に固まり、自分という器にしか収まることが出来ないのが人間。仏は、その人の器の形に応じ教えを説いてくださる。しかし水と氷の成分は何ひとつ変わりありません。
 “仏も昔は凡夫なり、われらも終には仏なり。いずれも仏性具せる身を隔つるのみこそ悲しけれ” 平家物語
保護司の活動にも相通じるところがあります。その人の個性に応じ水のように接し、氷を解かすが如く温かな心で寄り添う。そんな人でありたい。
 
 
 

 
 

2017年8月7日月曜日

対象者から学ばせていただく保護司活動

                                                               北多摩北地区保護司会 西東京分区 永澤清子 

 生活の一部となっている保護観察の仕事は毎回初めての出会いから始まります。担当者も対象者も初めての出会いに、ドキドキしながら何も分からない手探り状態の中で、この先どのような面接をしていけば更生の道を見つけられるのかと考えて話を進めていきます。

これまで長い保護観察になりますと私の場合は、4年以上も毎月2回の面接を行いました。最初はお互いにぎこちない会話から入り、その人の犯した事について、何故そのようになったのか、そして刑が決まり、更生の道を進み、反省を促し、今後どうしたら今までと違う道を歩けるのか等、未来について充分本人が納得できるまで話すことができるのですが、時間が経つにつれ、犯罪の話ばかりしていても仕方がないので、いろいろ世間話もするようになり、家族の事、テレビ、新聞等の話題にもなります。

そのような会話の中から、対象者の出生や育ってきた生活環境、習慣、周りの人達との出会いによって人格が作られていくのだということを実感させられました。対象者一人ひとりそれぞれに多種多様な事情があり、二つと同じ状況というのはありませんでした。対象者との関わりはどんな時にも学ぶことがあり、その中から得るものも多く、保護司として何一つ無駄はなかったと感じています。このように今でも慣れるということはありませんが、おかげさまで毎回様々なケースに接する中で成長させて頂いております。

担当した少年が「勉強は大嫌い、働くのも嫌」なんて言うので「人間は病気の人以外は働くか、勉強するために学校へ行くかどちらかを選ぶのよ」と私が言うと「えーなんで」と言いながら「選ばなきゃあいけないの」と言い最後には「じゃあ学校へ行く」と言いました。何でこんな正直で可愛くてピュアな子が罪を犯したのかと不思議に感じるような子どもでした。あんなに勉強が嫌いだったその子も大学生になりました。

人間は何かのきっかけで生き方が変わることもあるのです。この現実を目の当たりにすると「ああ、保護司もいいのかなあ」とひと時思い、そしてまた悩む日々が始まります。

2017年7月5日水曜日

祭り~大きな更生事業

                      府中地区 小澤 量

 府中には、五月三日~六日に行われる通称「くらやみ祭り」があります。起源を国府時代に持ち歴史的にも深く、参加者も府中のみならず、三多摩一円さらには23区西部・埼玉・神奈川にまで拡がる日本でも有数の祭りだと氏子衆は自負するものです。


 くらやみ祭り  (府中観光協会HPより)
 かつては、荒々しい祭りでしたが、今では女性も参加できる祭りになっており、旧住民のみならず、新住民も参加できる体制を志向する町内も増えております。

 さて、くらやみ祭りのような規模のお祭りでは、祭りのための時間的金銭的負担も大きく、場合によってはケガもします。それでもなぜ、祭りに参加するのか?結局は、人との関わりではないでしょうか?

 くらやみ祭り(神輿)前列左端が筆者
 私の町内でも、マンションの方を誘い、その後、その方たちが町会役員、老人会役員になっていただくケースが多くなっています。一度でも府中のような密度の濃いお祭りに参加すると、理屈損得を超えた一体感を持てるようになるからだと思います。

 さて、保護司的観点から祭りを見ると、青少年と町との関わりに気が付きます。特に、やんちゃが過ぎ、将来に不安を感じる子ほど、昔は祭りに出ました。その後、道を踏み外す人もいました。しかし、それでも祭りには帰ってくるのです。

 祭りに出れば、顔も素性も知られます。先輩や両親・祖父母の代の方との付き合いもあります。そうやって、町の中での自分の立ち位置や役割ができます。外部の視線も気になります。一人ではなく、様々な関係の中で生かされている、このように感じることもできます。

 「府中の祭りは大きな更生事業」と説明してくれた元高校教師もいました。そのような祭りを先人たちが守り続けてきてくれたことに感謝しないではいられません。

2016年10月28日金曜日



茄子と心と

                                        北多摩東地区保護司会 三鷹分区 星野直治


 私は三鷹市で農業を営んでおります。野菜栽培で主に茄子を作付けしています。1本の木で10個や15個を収穫するには畑に植えておけば育ってくれるでしょう。しかし1本の木で100個以上収穫するにはそれなりの日頃の手入れと管理が必要となります。

 しかも市場出荷となりますといかに A品を多く収穫するかが課題です。A品は最高の品質と評価され、高値で取り引きされます。市場には全国各地より沢山の茄子が出荷されてきます。この中でいかに高値で取り引きしていただけるかが生産者の目標とするところです。品物が良ければよいということも大切ですが、それよりも信用がなによりも大切となります。
 
茄子は日頃の管理をしっかりとしておけば、それに必ず応えて良い実をつけてくれます。管理を怠れば、それなりの結果が出ます。

 私は保護司を承ってから5年目を迎えた頃より野菜作りも子育ても健全な人間形成をしていく上で共通するところがあるのかなと思うようになりました。毎月来訪する対象者に自分の家族と同じように接し、話を聞き、話し相手になってあげることが実りある保護司の活動の第一歩だと思います。はじめから「それは悪い、あれは悪い」では月2回の来訪も1回になり、1回の来訪も遠のき、やがて来訪もしなくなってしまう。野菜作りではないが、面会はその都度心を込めて接することが大切になってきます。

 私共の分区で定年を迎えて辞める方が多くなってきました。1年未満の新任保護司が2名の対象者を受け持っている場合があるくらい、保護司が欠員しています。保護司になってほしい旨お願いしますと、本人が保護司を引き受けてもよいと思っていても、家族からの反対があるということも耳にします。これからは私共が保護司として誤解のないよう充分に説明をしていかなければならないと考えております。さらに、保護司の大切な役割を地域の人びとに理解していただくための努力も必要かと思います。

 

 海の幸を堪能する東北紀行                         
      
     府中地区保護司会 内藤 治
 
 2011年3月11日の東北大震災発生以降、機会をとらえて数回被災地を訪れている。現地を実際訪れるとテレビなどとは異なる臨場感があり、改めて地震・津波の威力を思い知らされる。跡形もなくなった街や集落、破壊された建物のむなしい残骸、陸に上がった大型の船など、衝撃的な光景だった。時間の経過とともに、復興が見える形で進んでいる所、あるいは、まだ遅々として復興が進まず取り残された所など様々だ。
被災地の実情を自分の目で見て、被災者の声にならない声を肌で感じて、人々の生き様を見て、そして、被災された方々の思いに少しでも寄り添うことは、現代を生きる日本人としての責務であると思う。
地酒を味わいながら美味しい海の幸を堪能して楽しみ、そして、地元にお金を落とし、被災地の景気浮揚にほんの少しだけ貢献することも、立派なボランテイア活動かもしれない。
日本に起きた未曾有の大災害の記憶を風化させることなく、見て感じたことを次の世代へ語り継ぐことは、保護司活動と優劣つけ難い大切なことだと思う。震災が発生して6年経過したが、まだ東北の被災地を訪れたことのない方々にひと言。今ならまだ間に合うので、激甚災害の記憶を心に焼きつけるために東北を訪ねよう。

 

2016年9月16日金曜日

   

保護司としての10年を振り返って
 
                     町田地区保護司会 南分区 矢口昇

 幼い頃より毛筆が好きだった私ですが書道塾に通うことが叶ったのは大学に入学した後のことでした。師匠の人柄にも惹かれ、一層書の鍛錬に打ち込む大学時代を送りました。卒業後は大学職員として就職しましたが、書に携わりたい気持ちが強く、周囲からの後押しもあったことでサラリーマンと書道塾指導者として二足の草鞋を履くことになりました。
 
幸いなことに小・中学生、殊に小学生は習字・そろばんの塾通いがブームの時代、開設後数年で常時4050名の児童と大人45名を抱える教室となりました。仕事との兼合いに懸念もありましたが、家族の協力も厚く環境の変化等から閉めるに至るまで約15年は、年12回所属会の選抜展にも大型作品を出展するなど存分に趣味を謳歌出来た時間でした。

 50代半ばになり、地域活動(町内会)等に関わり地元の郷土史に目を向ける機会がありました。大学での専攻は日本史と生来歴史に関心の高かった私は、歴史を調べるに参考となる町内の地誌歴史本がないことを知り、これは何とかしなければと能力不足も顧みず町内で郷土史研究会を組織し今に至ります。現在はこの郷土史研究をライフワークと位置づけ、数年後には郷土史本を刊行したいと考えています

  気付けば今年で保護司となり10年となります。身内先の先輩保護司に推薦の話をいただくまで自身が保護司となることなど考えたこともありませんでしたが、振り返ると書道塾で児童と関わったこと、地域団体コミュニティに所属し自主的に活動すること、大学職員時代に就職部の一員として多種多様な学生と面談した経験など、没頭した趣味と長く従事した仕事の双方が保護司としての活動の糧になっていると感じます。

自身の足跡を振り返り、改めて、今後も体力の続く限りより一層地域社会や対象者をはじめとした人々に頼りにしてもらえるような自分でありたいと考えております。


 

2016年7月14日木曜日

                            保護観察官と保護司 
 
 
                                             調布狛江地区保護司 柿澤正夫

                                                                                
 私は、昭和48年名古屋保護観察所で保護観察官を拝命し、関東地方更生保護委員会で退職するまで約38年間、更生保護の仕事に携わってきました。その後、調布・狛江地区の保護司を拝命して既に5年目に入っています。保護司を拝命してすぐに担当を依頼された4号観察の方は、仮解除にこそならなかったものの、4年間を無事に過ぎようとしています。
  
   この4年余り保護司として活動する中で、保護観察官と保護司の違いはどこにあるだろうと時々考えてきました。結論的に言いますと、保護観察官は職務(「義務」と言ってもよいと思います。)として保護観察を行い、保護司は「喜びを得るため」(「楽しみのため」とも言えると思います。)保護観察を行うと言えると思うようになりました。このように言うと、保護司は対象者が来訪しないときなど、何度も家まで出かけていくなど大変なんだ、「楽しみのため」とは何事だとお叱りを受けそうです。しかし、そうして苦労させられた対象者が立派に更生して結婚した時などに感じる喜びは、保護司でこそ味わえるものです。私は、4号観察の対象者の就職が決まりそうだと報告を受けた時に、保護観察官の時には感じたことがない喜びを感じました。結局、就職はかなわなかったのですが、あの時の喜びは何だったのだろうと思います。
  
   保護観察官は、職務として保護観察を行っていますので、いろいろな義務が伴います。その中で最も大きいのが再犯の防止です。保護観察対象者が再犯をした時には、保護観察官は何故再犯に至ってしまたのか検証しなければなりません。その過程で処遇に問題があれば厳しく指導を受けますし、場合によってはマスコミで取り上げられたり、あるいは政治問題にもなります。そのため、極端に言えば、保護観察官は再犯の観点から対象者を見ています。就職は再犯から一歩遠のいたことになりますし、家庭でのいざこざの発生は再犯の虞が大きくなったと言えます。保護観察対象者が結婚をし、子供に恵まれることは、保護観察官にとっては再犯から遠ざかったことで安心感は抱きますが、保護司が感じるように、対象者の人間の成長に対する喜びは薄いように感じます。
  
   このことは、保護観察官と保護司の仕事の分担にも関わります。保護司は対象者との人間的な関わりの中で対象者の更生を指導するのに対して、保護観察官は専門職として多少距離を置いて対象者と接しています。日本の更生保護制度は、専門職としての保護観察官と地域性を持つ保護司との協働態勢で行われていることに特色があるとよく言われますが、保護司の特色は、地域性のほかに対象者との間で人間的な関係を築ける点にあり、この点にこそ最も大きい特色があると言えます。
  
   保護観察を受けている対象者から見た場合、保護観察官は「役所の人」「約束を守らなければ不利益を与える人、約束を守れば解除をしてくれる人」という印象が強いと思います。呼出し、出頭指示、仮釈放等の取消、あるいは保護観察の解除など、保護観察官には法の執行者という側面が強く印象付けられます。これに対して保護司は、「近所のおじさん、おばさん」「うるさいことを言うけれど相談にも乗ってくれる人」という印象が強く、どこか頼れる人というイメージが強く働きます。保護司との関係では、法の執行者という側面は最小限に抑えられているのが現実です。

アメリカやイギリスでは保護司制度がありません。保護観察官が専門的なプログラムを駆使して保護観察を実施しても、保護司のように日常的に顔を合わせ、長い時間をかけて対象者と人間的な関係を結ぶ中で、対象者に影響を与え、その更生を図っていく人はいません。私は、アメリカやイギリスなどで保護観察が必ずしも思うような成果を上げていなのは、保護司やこれに類する制度がないことが原因の一つであると思います。

来年、世界保護観察会議が東京で開催されます。この会議の大きいテーマは保護司制度です。フィリッピンやタイ、シンガポールなどアジアの国々では保護司制度が活用されていますが、これに対してヨーロッパやアメリカの国々がどのような評価を与えるか楽しみにしています。 

 

2016年4月7日木曜日


3年目の初心

 

                      八王子地区保護司 山田雅彦

 八王子地区保護司となって3年目。ようやく、「保護司」と人から呼ばれ、自身でも「保護司」と自称できるようになったこの頃である。対象件数は数と内容ともにベテラン先輩と比較すると、それこそ雲泥の差があるが、保護司活動全般の姿がやっと見えてきた。しかし、本音を漏らすと、保護司として対象者との直接的な接触・支援をする活動以外の活動があまりに多い。その現実が自分の予定表の空白を埋めてしまうことが多い。それでも、これは組織となれば当然であり、保護司諸氏との接触では人間的な学びも多くあり、各種の研修ではこれまで全く認識すらしなかったことに気付くこともあり、人間としての幅を広げることができているのではないかと自分で自分を納得させている昨今ではある。

さて、最近大変気になっていることの一つは、再犯の件である。月に三度ほど関わっている更生保護施設を、保護観察を終わり社会に出ていく人が再犯者となってしまうことがある。施設ではあれほど更生の生活を送り社会に出るが、犯罪の淵に再び落ち込んでしまう。なぜ、あの人が!と、衝撃を受けることが度々。また精神を病んでそのまま精神科に入院してしまう人も多い。力の及ぶ限り支援しても残念ながら更生・向上に結びつくケースになることがなかなか難しい。まだまだ自分の感化力がないのだと歯がゆい思いに責められる日々を送っている。

一方、こうして犯罪を犯した人達を強く意識していると、加害者がさまざまに手をかけられている一方で、あまりに「被害者」またその遺族・家族のことが国側からも世間からもないがしろにされているのではないかという現実がある。保護司としても常に被害者の観点を忘れてはなるまい。たとえ覚醒剤犯罪であっても、犯罪者の家族の痛手はあまりに大きい。加害者側が被害者側の痛切な悲しみを理解してその分まで更生するような方向に歩んでいくように心を仕向けて行かなければ、保護司としての更生保護活動の意義はないと思う。しかし、理想と現実の懸隔は、あまりに・・・・・・。

あれこれ悩んでいても現実は常に目の前にある。今後の保護司活動として、せめて犯罪を犯す側と被害者の側の心理を両面から考えて支援し感化し、決して再犯はしないという強い意志が心の底から醸成されて自身を死ぬまで律し続けていけるように、心からの働きかけを行っていきたいものである。そのためにも、これまでの拙い人生経験に胡坐をかいていてはいけない。自らがさらに人情の機微を深く理解し、人間としてさらに成長していかなければならないと思う。