2016年9月16日金曜日

   

保護司としての10年を振り返って
 
                     町田地区保護司会 南分区 矢口昇

 幼い頃より毛筆が好きだった私ですが書道塾に通うことが叶ったのは大学に入学した後のことでした。師匠の人柄にも惹かれ、一層書の鍛錬に打ち込む大学時代を送りました。卒業後は大学職員として就職しましたが、書に携わりたい気持ちが強く、周囲からの後押しもあったことでサラリーマンと書道塾指導者として二足の草鞋を履くことになりました。
 
幸いなことに小・中学生、殊に小学生は習字・そろばんの塾通いがブームの時代、開設後数年で常時4050名の児童と大人45名を抱える教室となりました。仕事との兼合いに懸念もありましたが、家族の協力も厚く環境の変化等から閉めるに至るまで約15年は、年12回所属会の選抜展にも大型作品を出展するなど存分に趣味を謳歌出来た時間でした。

 50代半ばになり、地域活動(町内会)等に関わり地元の郷土史に目を向ける機会がありました。大学での専攻は日本史と生来歴史に関心の高かった私は、歴史を調べるに参考となる町内の地誌歴史本がないことを知り、これは何とかしなければと能力不足も顧みず町内で郷土史研究会を組織し今に至ります。現在はこの郷土史研究をライフワークと位置づけ、数年後には郷土史本を刊行したいと考えています

  気付けば今年で保護司となり10年となります。身内先の先輩保護司に推薦の話をいただくまで自身が保護司となることなど考えたこともありませんでしたが、振り返ると書道塾で児童と関わったこと、地域団体コミュニティに所属し自主的に活動すること、大学職員時代に就職部の一員として多種多様な学生と面談した経験など、没頭した趣味と長く従事した仕事の双方が保護司としての活動の糧になっていると感じます。

自身の足跡を振り返り、改めて、今後も体力の続く限りより一層地域社会や対象者をはじめとした人々に頼りにしてもらえるような自分でありたいと考えております。


 

   

保護司としての10年を振り返って
 
                     町田地区保護司会 南分区 矢口昇

 幼い頃より毛筆が好きだった私ですが書道塾に通うことが叶ったのは大学に入学した後のことでした。師匠の人柄にも惹かれ、一層書の鍛錬に打ち込む大学時代を送りました。卒業後は大学職員として就職しましたが、書に携わりたい気持ちが強く、周囲からの後押しもあったことでサラリーマンと書道塾指導者として二足の草鞋を履くことになりました。
 
幸いなことに小・中学生、殊に小学生は習字・そろばんの塾通いがブームの時代、開設後数年で常時4050名の児童と大人45名を抱える教室となりました。仕事との兼合いに懸念もありましたが、家族の協力も厚く環境の変化等から閉めるに至るまで約15年は、年12回所属会の選抜展にも大型作品を出展するなど存分に趣味を謳歌出来た時間でした。

 50代半ばになり、地域活動(町内会)等に関わり地元の郷土史に目を向ける機会がありました。大学での専攻は日本史と生来歴史に関心の高かった私は、歴史を調べるに参考となる町内の地誌歴史本がないことを知り、これは何とかしなければと能力不足も顧みず町内で郷土史研究会を組織し今に至ります。現在はこの郷土史研究をライフワークと位置づけ、数年後には郷土史本を刊行したいと考えています

  気付けば今年で保護司となり10年となります。身内先の先輩保護司に推薦の話をいただくまで自身が保護司となることなど考えたこともありませんでしたが、振り返ると書道塾で児童と関わったこと、地域団体コミュニティに所属し自主的に活動すること、大学職員時代に就職部の一員として多種多様な学生と面談した経験など、没頭した趣味と長く従事した仕事の双方が保護司としての活動の糧になっていると感じます。

自身の足跡を振り返り、改めて、今後も体力の続く限りより一層地域社会や対象者をはじめとした人々に頼りにしてもらえるような自分でありたいと考えております。

 

2016年7月14日木曜日

                            保護観察官と保護司 
 
 
                                             調布狛江地区保護司 柿澤正夫

                                                                                
 私は、昭和48年名古屋保護観察所で保護観察官を拝命し、関東地方更生保護委員会で退職するまで約38年間、更生保護の仕事に携わってきました。その後、調布・狛江地区の保護司を拝命して既に5年目に入っています。保護司を拝命してすぐに担当を依頼された4号観察の方は、仮解除にこそならなかったものの、4年間を無事に過ぎようとしています。
  
   この4年余り保護司として活動する中で、保護観察官と保護司の違いはどこにあるだろうと時々考えてきました。結論的に言いますと、保護観察官は職務(「義務」と言ってもよいと思います。)として保護観察を行い、保護司は「喜びを得るため」(「楽しみのため」とも言えると思います。)保護観察を行うと言えると思うようになりました。このように言うと、保護司は対象者が来訪しないときなど、何度も家まで出かけていくなど大変なんだ、「楽しみのため」とは何事だとお叱りを受けそうです。しかし、そうして苦労させられた対象者が立派に更生して結婚した時などに感じる喜びは、保護司でこそ味わえるものです。私は、4号観察の対象者の就職が決まりそうだと報告を受けた時に、保護観察官の時には感じたことがない喜びを感じました。結局、就職はかなわなかったのですが、あの時の喜びは何だったのだろうと思います。
  
   保護観察官は、職務として保護観察を行っていますので、いろいろな義務が伴います。その中で最も大きいのが再犯の防止です。保護観察対象者が再犯をした時には、保護観察官は何故再犯に至ってしまたのか検証しなければなりません。その過程で処遇に問題があれば厳しく指導を受けますし、場合によってはマスコミで取り上げられたり、あるいは政治問題にもなります。そのため、極端に言えば、保護観察官は再犯の観点から対象者を見ています。就職は再犯から一歩遠のいたことになりますし、家庭でのいざこざの発生は再犯の虞が大きくなったと言えます。保護観察対象者が結婚をし、子供に恵まれることは、保護観察官にとっては再犯から遠ざかったことで安心感は抱きますが、保護司が感じるように、対象者の人間の成長に対する喜びは薄いように感じます。
  
   このことは、保護観察官と保護司の仕事の分担にも関わります。保護司は対象者との人間的な関わりの中で対象者の更生を指導するのに対して、保護観察官は専門職として多少距離を置いて対象者と接しています。日本の更生保護制度は、専門職としての保護観察官と地域性を持つ保護司との協働態勢で行われていることに特色があるとよく言われますが、保護司の特色は、地域性のほかに対象者との間で人間的な関係を築ける点にあり、この点にこそ最も大きい特色があると言えます。
  
   保護観察を受けている対象者から見た場合、保護観察官は「役所の人」「約束を守らなければ不利益を与える人、約束を守れば解除をしてくれる人」という印象が強いと思います。呼出し、出頭指示、仮釈放等の取消、あるいは保護観察の解除など、保護観察官には法の執行者という側面が強く印象付けられます。これに対して保護司は、「近所のおじさん、おばさん」「うるさいことを言うけれど相談にも乗ってくれる人」という印象が強く、どこか頼れる人というイメージが強く働きます。保護司との関係では、法の執行者という側面は最小限に抑えられているのが現実です。

アメリカやイギリスでは保護司制度がありません。保護観察官が専門的なプログラムを駆使して保護観察を実施しても、保護司のように日常的に顔を合わせ、長い時間をかけて対象者と人間的な関係を結ぶ中で、対象者に影響を与え、その更生を図っていく人はいません。私は、アメリカやイギリスなどで保護観察が必ずしも思うような成果を上げていなのは、保護司やこれに類する制度がないことが原因の一つであると思います。

来年、世界保護観察会議が東京で開催されます。この会議の大きいテーマは保護司制度です。フィリッピンやタイ、シンガポールなどアジアの国々では保護司制度が活用されていますが、これに対してヨーロッパやアメリカの国々がどのような評価を与えるか楽しみにしています。 

 

2016年4月7日木曜日


3年目の初心

 

                      八王子地区保護司 山田雅彦

 八王子地区保護司となって3年目。ようやく、「保護司」と人から呼ばれ、自身でも「保護司」と自称できるようになったこの頃である。対象件数は数と内容ともにベテラン先輩と比較すると、それこそ雲泥の差があるが、保護司活動全般の姿がやっと見えてきた。しかし、本音を漏らすと、保護司として対象者との直接的な接触・支援をする活動以外の活動があまりに多い。その現実が自分の予定表の空白を埋めてしまうことが多い。それでも、これは組織となれば当然であり、保護司諸氏との接触では人間的な学びも多くあり、各種の研修ではこれまで全く認識すらしなかったことに気付くこともあり、人間としての幅を広げることができているのではないかと自分で自分を納得させている昨今ではある。

さて、最近大変気になっていることの一つは、再犯の件である。月に三度ほど関わっている更生保護施設を、保護観察を終わり社会に出ていく人が再犯者となってしまうことがある。施設ではあれほど更生の生活を送り社会に出るが、犯罪の淵に再び落ち込んでしまう。なぜ、あの人が!と、衝撃を受けることが度々。また精神を病んでそのまま精神科に入院してしまう人も多い。力の及ぶ限り支援しても残念ながら更生・向上に結びつくケースになることがなかなか難しい。まだまだ自分の感化力がないのだと歯がゆい思いに責められる日々を送っている。

一方、こうして犯罪を犯した人達を強く意識していると、加害者がさまざまに手をかけられている一方で、あまりに「被害者」またその遺族・家族のことが国側からも世間からもないがしろにされているのではないかという現実がある。保護司としても常に被害者の観点を忘れてはなるまい。たとえ覚醒剤犯罪であっても、犯罪者の家族の痛手はあまりに大きい。加害者側が被害者側の痛切な悲しみを理解してその分まで更生するような方向に歩んでいくように心を仕向けて行かなければ、保護司としての更生保護活動の意義はないと思う。しかし、理想と現実の懸隔は、あまりに・・・・・・。

あれこれ悩んでいても現実は常に目の前にある。今後の保護司活動として、せめて犯罪を犯す側と被害者の側の心理を両面から考えて支援し感化し、決して再犯はしないという強い意志が心の底から醸成されて自身を死ぬまで律し続けていけるように、心からの働きかけを行っていきたいものである。そのためにも、これまでの拙い人生経験に胡坐をかいていてはいけない。自らがさらに人情の機微を深く理解し、人間としてさらに成長していかなければならないと思う。

2016年1月6日水曜日




私の歩んできた道
                                                                              
                                                                                   北多摩東地区保護司会 飯村雅洋

 
趣味はと尋ねられると、車、グルメ、ボディーメイク、ファッション、映画、音楽、散策と列挙する。しかしこのすべてを語るときりがなく、それではと考え、自身の歩んできた道と生き方について述べることにします。

それは保護司を務めようとしたことにも大きな関わりがあります。心理学を学んだこともひとつの要因ですが、米国の大手商社にエンジニアとして勤務していた20代当時、某日本メーカの台湾工場へ製造委託するに当たり、その技術力や品質確認のために視察に訪れたことに始まります。

昭和48年初めて訪れる台湾、現地駐在員に台北駅に送っていただき、汽車で3時間を費やし台中に向かう、無事仕事を終え台北へ戻る車中で思わぬアクシデントに遭遇しました。 

あと23駅で台北に到着する時に突然汽車が停まってしまいました。既に1時間以上経過、車内放送は中国語、何が何だか分からず途方に暮れる、困った、駅には駐在員が迎えに来ており、明日は帰国日、どうしよう、そうだ、たしか台湾の年配の方は日本語が多少分かるのではと、隣の方に日本語で話しかけてみました。

日本語が分かりました。ひとまず安堵、説明を受ける、台風のため前の汽車が脱線し何時復旧するか分からないとのこと、私の困っている状況を話すと、なんと一緒に線路に降りて、タクシーで台北駅まで送ってくれました。 

見ず知らずの私に、何のためらいもなく親切にしていただけた、この人、このこと、この時、が私の人生のターニングポイントになりました。これが真の人としての道ではないのか。それからはこの時の体験を忘れず、人との関わりを大切に、微力ではあるが生涯人の役に立ちたい、この思いで我が道を歩むこととしました。

余談ですがこのときから台湾、台湾人が好きになり、第二の故郷と位置付け、昭和49年から一年間台湾に駐在、多くの人脈を作り、中国語(マンダリン)を学び、退職後も台湾とのビジネスを続け現在も台湾で会社を営んでおります。

また、ひとりでも多くの人と知り合い、様々な考えや知識を学ぶことも大切にしています。人見知りをせずに、誰にでも平気で声をかける、今日も新たにひとりの知人ができた、楽しいですよ。ですので、私は人種、ジェンダー、学歴、職業、年齢で人間を判断しません、大切なのは、その人のアイデンティティーとパーソナリティーだと考えています。

海外では自己主張しなければ仕事にならないことの影響かもしれません。しかし自己主張するには、自己認識、そして自己責任がついてきます。簡単ではありませんね。

 むすびに、思いに任せ、まとまりのない文脈でしたが、現在、「ノブレス・オブリージュ、コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ」を 旨とし、様々な奉仕活動を続けております。



 


 
講演「子供たちに寄り添う」を聴いて

北多摩東地区保護司会長 須 﨑 英 夫

 
国分寺武蔵ロータリークラブ主催の講演会に、保護司が招待されたので参加してきました。

 テーマは、「子どもたちに寄り添う」~いじめ・虐待・非行の現場から~で、大変に素晴らしいお話しでした。講師は、弁護士で「社会福祉法人カリヨン子どもセンター」理事長 坪井節子さんです。

 講演は、弁護士会の[子ども人権相談員]として接触した、いじめ・非行・虐待・不登校などで苦しむ子どもたちとのエピソードから、子どもたちから信用されない無力な大人たち(親・先生など身近な)の話しに展開し、こうした大人たちに反発して非行の深みにはまる子どもたちの実態が、非常に解りやすい表現で話されました。

 自分で選んだわけでもなく、置かれた環境の中、もがきながら生きていく術を必死に探す子どもたちに寄り添い、帰るところのない子どもたちのために、子どものシェルターの必要を痛感して、弁護士会として「カリヨン子どもセンター」を起ちあげ、多くの人達の協力を得て、各地に施設を拡大しているそうです。

 以上が、講演の全体の流れでした。大変お話が上手で、涙を拭く参加者も沢山いました。行動し、シェルターを造った坪井氏のお話は本当に胸に迫るものがあり、お話を聞いて、こうした子どもたちに目と目を合わせて「君が、君の命が大事なんだよ」と言える、弱者に寄り添う大人でありたいと心から思いました。

 質議応答の時間がなかったので、終了後に講師に声をかけ保護司であることを名乗り、「無力の大人の話はよく理解できた。地域でシェルターに変わる対策は何かできないか?」とお尋ねしたら、「難しいですね、出来るとしたら予防対策ではないでしょうか。」とのお答えでした。

 支援を求めない人、助けを求める術を知らない人の存在に胸を痛めます。わが国の福祉制度は、それを利用できる人にとってはそれなりですが、そこに至らない人はその支援が得られません。

 このような、いうなれば「制度の隙間」に対し、保護司が何とか関与出来ないか、と考えています。いわゆる「待ちの姿勢」だけでは、本質的な解決は無いのではないでしょうか。

難しい課題ですが、皆さんでよく考えてみませんか?

 

 

2015年12月6日日曜日



                  芋づる式読書ノートから

                     府中地区保護司会 杉浦 渉

今年の夏の初めは雨が多かった。おかげで少しまとめて本を読むことができました。始まりは、古本屋で偶然見つけた一冊からでした。

『少年死刑囚』(中山義秀著/池田浩士解説/2012インパクト出版)は、中山の小説が素材提供で池田の解説が本書のテーマでした。死刑と無期では刑罰として大きな開きがあると、犯罪被害者・遺族にはもちろん一般にも受け止められているが、はたして本当にそうだろうかと問いかけています。死刑の存廃論議にかかわってくる、ほんとに重たい問題です。

この本が呼び水となって、加賀乙彦の『宣告』(1982新潮文庫)を手にしました。死刑という制度を、当の死刑囚自身の目から照射するとどう見えるかという問題を提起した小説。著者のもう一つの顔である精神医学者・小木貞孝の『死刑囚と無期囚の心理』(1974金剛出版)に取り上げられている事例が、『宣告』の人物群のモデルになっています。専門的な学術書の方はほとんど拾い読みでしたが、それでも事例の医学的な記述とフィクションの物語仕立ての対比は自分なりに興味深く読めました。

こうした流れから、ドストエフスキー著/小沼文彦訳『死の家の記録』(1970ドストエフスキー全集第四巻/筑摩書房)にたどり着きました。そのボリュームにとても通読は無理かなと思いつつ、結局は引き寄せられるように読み切ってしまいました。実に詳細に描かれる懲役囚たちの生活、心情、人生のエピソードのひとつひとつが読む者を惹きつけます。帝政ロシア時代の話ながら、流刑地につながれた人々の生への執着の姿は、今に通じる生々しいリアリティをもって迫ってくるようでした。

有罪と無罪、犯罪者と善良な市民、非行少年と健全な青少年、これらの境界線は思っているほど画然とはしていないんじゃないか、人間社会はそんな単純な二分法では語れないんじゃないかと思っている者にとっては、ことのほか有意義な4冊でした。        
 


 
 
 
 
ご恩返しの地域活動
 
町田地区保護司 橋田惠子

私は教員現役時代は相模原市に居住し、地域の子ども会、町会に助けて頂きながら三人の娘を育てました。

55才で退職後、実家の町田市に戻り、今までお世話になった感謝の気持ちを地域に返していきたいと保護司をはじめとして、町内会役員や出身高校の同窓会役員などを引受け、地域住民の力で明るいあたたかな社会を作って行こうと微力ながら活動しております。
 
私の居住する原町田地区と中町の一部が氏子となっているのが町田天満宮です。1年に1度の例大祭では神輿渡御(みこしとぎょ)が行なわれます。町田駅近くの繁華街を多くの神輿が巡幸する原町田地区では最大のイベントとなります。宮神輿は氏子町内会によって受け渡されてゆく「町内渡し」という形式で行なわれています。各町内会の区域は、割り当てられた氏子町内会の半纏で担ぎ、宮出しと宮入りは、各氏子町会の代表者により静かに厳粛に奉仕されます。また、宮神輿とともに各町内神輿も出されます。私の所属する町内会では担ぎ手すべてが女性という「女神輿」という形で町内神輿を出しています。

町内渡しの宮神輿、町内会の女神輿、ともに担ぎ手の確保は至極重要です。町内会、子ども会だけではなく、他地域の知人友人にも声をかけて協力を仰ぎます。私も孫のサッカーチームの保護者や娘の友人などへ毎年20数名に声掛けをしています。そのメンバーには神輿の集合時間より早めに自宅に集合してもらい、ヘアメイクなどをお互いに実施しあって、ビシッと美しく(?)決まった姿で神輿に参加してもらっています。また、お神輿後は我が家で打ち上げを実施するのも若いパワーから元気をもらえるので、私の楽しみになっています。

女神輿はなかなか地域でも好評で、年々盛り上がってきております。

年齢制限はないので(笑)、ご興味ある方はご連絡お待ちしております。



 
 
 
 

2015年11月3日火曜日


           心に残った講演会


北多摩東地区保護司会  国分寺分区 坂 田 米 子

 先日参加した関東地方保護司代表者協議会で、ある講演を聞く機会があった。講演者は作家・エッセイスト(私立豊川高校教師)宮本延春氏で、タイトルは「人は、その人だけで大切な存在」というものだ。 
  宮本氏は小からいじめを受け勉強も学校も丸ごと嫌いになり、中学1年の一学期の成績表はオール1、中学卒業時は音楽と技術だけが2で他はすべて1というありさまで、掛け算九九はの段まで、漢字は自分の名前が書けるだけ、英語はooしか書けない状況であった。「自分は勉強をやってもできない、正真正銘のバカなんだ。」と思い込んでしまう。中学校を卒業したときの歓びは、「これで学校に行かないで済む。」という思いだけであった。
  高校進学をあきらめ、工務店で大工の見習いとして働くようになるが、親方から口で言うより先に手を出す扱いを受け、強い不満をもつようになった。そんな中、16歳で母を、18歳で父を亡くし、天涯孤独の身となる(小4のときに父から養子であることを知らされていた)。しかしながら、中学時代から始めた少林寺拳法で国際親善試合に出場できたことで「自信」をもち、また、音楽仲間と知り合い、バンド活動で「音楽」に楽しみを見い出していった。「一生この不満だらけの会社で働いても、満たされる日は来ないだろう。やらなかった後悔だけは絶対したくない」との決心で工務店をやめ、音楽活動に力を注ようになるが、収入は途絶え、極貧の生活を過ごす。
  バンド仲間から豊川市にある渋山建設という会社を紹介されこの会社で働いたことが運命を大きく変えることになる。会社の社長や専務から、親身に接してもらい、人して大事にしてもらった。「大切にしてくれた人は大切にしたい。社長のために働きたい。仕事で恩をかえそう。真剣に仕事をしよう。」と「働くことの楽しさ」を知り、音楽は趣味として楽しむものに変わっていった。そして、この渋山建設で正社員となり、初めて健康保険証をもつことができ経済的にも安定した生活を送れるようにな
  さらに、少林寺拳法の道場で知り合い、後に妻となる女性から一本のビデオテープ「NHKスペシャル アインシュタインロマン」を借りて、それを見た瞬間に新たな人生のスイッチが押された。「アインシュタインロマン」に強い感動を覚え、物理学に興味をもつようになると、勉強がしたくなり、大学進学を目指すことになる。
  まずは、高校入学に向けて猛勉強し24歳の高校生になる。高校に入学すると、理学部のある名古屋大学を目指して、寝食を忘れて不撓不屈の精神で勉強に打ち込んだ。この間、高校の担任、数学担当、校長をはじめ多くの先生方からきめ細やかな配慮を受け、数学の先生は、夏休み中でも送られてくる数学の解答に応えたり、夜12時頃まで補講をしてくれる等勉強のキャッチボールが行われた。こうして、27歳の名古屋大学物理学部物理学科の学生が誕生した。
  大学卒業後はさらに大学院に進み、それからの人生を考える、自分ならいじめられっ子の気持ちも、劣等生の気持ちも、生活の辛さもわかる教師になれるのではないかと思うようにな。いじめに苦しみ、勉強ができずに悩んでいる子ども達に手を差し伸べ、夢や目標をもつ手助けをしたい。豊川高校で先生方から受けた恩を、教育の現場で返していくことがこれからの自分の道であると考えるようになり、母校の豊川高校の数学の教師として教壇に立つことになった。
  以上のように、講演内容は講師の人生のその時々の気持ちをありのままに吐露するもので、保護司として対象者に対する姿勢、また、一個人として人生を送る上でも示唆に富むものであった。
  講師は、前述のようにつらい状況にありながらも、逆境の半生が感じられない快活、爽やか、前向きな考えの持ち主との印象を受た。しかし、渋山建設の社長や専務との出会いについて話す時には目を潤ませていた。そして「人と人との出会いの大切さと目標を持ちそれに向かって努力することの大切さ」を説いてい
  保護司として、対象者に接する際には、毅然とした態度とともに、対象者に寄り添い包み込むような包容力を持ち合わせる事が大切だ。理想ではあが、対象者にとって「この保護司と出会えてよかった。生きる目標がつかめた。」と思ってもらえるような存在でありたいと感じた。

 
   私と水彩

日野・多摩・稲城地区 伊野光雄

緑一色だった山々も、秋の深まりと共に色づき始めました。スケッチブックを持ち自然の中で、のどかなひと時を過ごせたら楽しいだろうと想像を巡らせています。

昔から絵に興味があったわけでなく、50代過ぎ頃年老いてからの趣味の一環に何かをと思っていたころ、身近なところで絵画展など開催されている処に足を運ぶようになり、書店で絵画への手引きなる本を読んだりし、少しずつ絵の魅力に魅かれていった感じです。

同好会のサークルに入り指導を受けた経験もなく自分よがりに描いています。最近我流からの脱出を目指していますが、中々それが出来ないでいる。ここに来て改めて基礎知識の大切さを身に染み感じています。

絵になりそうなスポットの情報を得て赴くと、早くから陣取って人目も気にせず堂々と写生に没頭している人々の姿に圧倒され、簡単なスケッチをしてカメラ撮影をして帰ってくる情けなさです。これも自信のなさが災いしている一面です。

そのような状況で描いた絵を紹介します。

 

こもれびの径

田舎の風景
 
 

晩 秋
涼  風